私が読んだ本のメモ、感想です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二重らせん


二重らせん
ジェームス・D・ワトソン
講談社文庫

遺伝子の二重らせん構造を発見するまでの物語。当事者によるもの。化学の素養がない私には化学的に何が問題になっているのか理解できなかったが、それでも楽しめた。野心ある若い研究者の人間ドラマである。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。