私が読んだ本のメモ、感想です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文章の書き方


文章の書き方
辰濃和男
岩波新書

著者は朝日新聞のコラム「天声人語」の元筆者。
文章の書き方というより著者のお気に入り作家、名文紹介。もっと、「文章の書き方」としての内容が明確になり筆者の中で整理されていれば、ここまでの引用は必要ないはず。
まえがきに、「この本はどの章から読んでもらってかまいません。お好きなところから拾い読みしてくださって結構です。」とあるようにどこからでも楽しめる読み物としてはおもしろい。
ただそれも、著者が全体の構成を考えてこの本を書くことができなかっただけなのではという印象が強い。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。