私が読んだ本のメモ、感想です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文章は接続詞で決まる


文章は接続詞で決まる
石黒圭
光文社新書

作家が文章を推敲する際に、まず手をつけるのが接続詞だという。接続詞の使い方を解説。文法よりも実用に則した分類をしているためわかりやすい。用例も新聞からのものが多く適切だ。井上ひさし氏が「日本文学史を通して、もっとも美しくもっとも効果的な接続詞」と絶賛する「だから」が印象に残った。

その後、ある人の周旋で街鉄の技手になった。月給は二十五円で、家賃は六円だ。清は玄関付きの家でなくっても至極満足の様子であったが気の毒な事に今年の二月肺炎に罹って死んでしまった。死ぬ前日おれを呼んで坊っちゃん後生だから清が死んだら、坊っちゃんのお寺へ埋めてください。御墓の中で坊ちゃんの来るのを楽しみに待っておりますと云った。だから清の墓は小日向の養源寺にある。

清は坊っちゃんの家の使用人。当時の慣習からすると坊っちゃんの家の菩提寺に入れる訳もない。だが、清の頼みだからと養源寺に墓を立てた。坊っちゃんの清に対する深い愛情が表れている「だから」。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。